アトピスマイルクリーム 効かない

アトピスマイルクリームが効かない!?考えられる理由とは?

 

アトピー肌や敏感肌の人に好評のアトピスマイルクリームですが、中には効かないという声もあります。

 

思うような効果が実感できない人は、なにか原因があるかもしれません。

 

そこで、考えられる理由をまとめてみました。

 

アトピスマイルクリームが効かないのは?

 

 

まず、アトピスマイルクリームは医薬部外品であって、医薬品とは違います。

 

医薬部外品は有効成分の緩やかな作用で効果をもたらします。
医薬品のような即効性は望めないことを念頭に置いておきましょう。

 

考えられる理由1 ステロイド剤が必要な場合がある

 

アトピスマイルクリームは、お米から作られたライスパワーエキス11を配合したステロイドが入っていないクリームです。

 

ライスパワーエキス11は肌の水分保持能を改善する効果が認められた保湿成分で、バリア機能が低下した肌を整える働きがあります。

 

すごく効果があるように思われるかもしれませんが、肌の状態によってはステロイド剤なしで改善できるとは言い切れないのです。

 

アトピスマイルクリームには炎症や痒みを鎮める効果はない

 

アトピスマイルクリームだけでアトピー肌や敏感肌が改善できる人もいますが、そもそもアトピスマイルクリームにはステロイド剤のような炎症や痒みを鎮める作用はありません。

 

炎症や痒みが治まっていない状態でステロイド剤を止めてしまうと、症状が悪化したりリバウンド現象を起こす可能性があるため、自己判断でステロイドからアトピスマイルクリームに切り替えるのは危険です。

 

皮膚科でステロイド剤を処方されている場合、医師の指示に従って使用し、アトピスマイルクリームと併用するようにしましょう。

 

 

アトピスマイルクリームに期待できること

 

 

アトピスマイルクリームには、ステロイドとは違う働きがあります。

 

主成分のライスパワー11はセラミドを増やし、

 

  • 肌自らが水分を保つ
  • バリア機能を高める

 

という効果が期待できます。

 

乾燥を防ぎ、外部からの刺激にも負けない健康的な肌に導いてくれます。

 

考えられる理由2 塗る回数が少ないのが原因かも…

 

アトピスマイルクリームが効かないという人は、塗る回数が少ないのかも知れません。

 

肌自らが水分を保てる肌に導いてくれますが、お手入れの回数が少ないと十分な効果を得ることができません。

 

最低でも朝と晩の1日2回塗るようにしてください。

 

特に水分が蒸発しやすいお風呂上がりは、乾燥を防ぐためにたっぷりと塗るようにしましょう。

 

清潔な肌に塗ることも大切

 

清潔な肌に塗ることも大切です。

 

皮脂分泌の多い場所や炎症を起こしていたり、痒みがある箇所は避けて塗ることも忘れないでください。

 

有効成分のライスパワエキスー11は肌に塗るほどにセラミドを増やす働きがあるとされているので、乾燥が気になる場合はこまめに塗るようにしましょう。

 

考えられる理由3 効果がないからといってすぐにやめていない?

 

アトピスマイルクリームで肌質を改善してくためには、コツコツ長く続けることも大切です。

 

アトピスマイルクリームにはステロイド剤のように炎症や痒みをすぐに沈静化させる働きはありません。

 

緩やかに効果をもたらしてくれるので、じっくりと長く続けることで、徐々にセラミドが増えて外部刺激に負けない肌に導いてくれます。

 

使いはじめてからすぐに実感しやすい効果は肌表面のしっとり感や潤いです。

 

ただ、ターンオーバーの周期によって、肌内部の水分をしっかりと保つことができるまで時間がかかります。
最低でも3か月は継続して使ってみてください。

 

アトピスマイルクリームを上手に使うポイント

 

アトピスマイルクリームの効果を最大限に得るためのポイント

 

  • 炎症や痒みが酷いようならステロイド薬も併用する
  • 最低でも1日2回はこまめに塗る
  • 清潔な肌に塗る
  • 炎症や痒みがある場所は避ける
  • コツコツ長く使って肌質改善を目指す

 

効果を実感できないという人は、使い方をもう一度見直してみてください。

 

 

アトピスマイルクリームにはステロイドにはない肌そのものを健やかにする働きがありますが、肌質を改善するには時間がかかることも知っておきましょう。