アトピスマイルクリームは他のケアアイテムと併用して良いの?

 

 

アトピー肌の改善も期待されるアトピスマイルクリームですが、アトピーの人は皮膚科で処方されたステロイドを使用している人も多いでしょう。

 

アトピスマイルクリームとステロイドは併用出来るのか、また化粧水とも併用できるのか調べてみました。

 

アトピスマイルクリームとステロイドと併用できるのか

 

長く使用すれば皮膚が薄くなったり色素沈着したりなどの副作用のリスクがあるのがステロイドですね。

 

でも、酷い痒みや炎症を素早く鎮めてくれる働きがあるステロイドは、アトピーや湿疹などの治療では欠かせないお薬です。

 

アトピーや敏感肌の治療ではステロイドが処方されることが多いです。

 

アトピスマイルクリームはステロイドと併用出来ますが注意したいことがありますよ。

 

 

アトピスマイルクリームは治療薬ではない!

 

まず知っておきたいのがアトピスマイルクリームは治療薬ではないということです。

 

アトピーの治療でステロイドを使用している人が自己判断でステロイドの使用をやめて、アトピスマイルクリームだけで治そうとするのは危険です。

 

それだけ症状が酷いのでステロイドが処方されているはずです。

 

アトピスマイルクリームは少しずつ健やかな肌にしてくれる効果が期待出来ますが、酷い痒みや炎症を素早く抑える効果はありません。

 

ステロイドとアトピスマイルクリームは全く異なる働きがあることを知っておきましょう。

 

 

使う順番は?

 

医師から処方されたステロイドはそのまま続けながら、普段のスキンケアでアトピスマイルクリームを使いましょう。

 

使う順番は、基本的にアトピスマイルクリームを塗った後にステロイドを塗ります。

 

もしも医師から何か指示された場合には、その指示に従ってくださいね。

 

また、アトピスマイルクリームは症状が悪化している部位には塗らないようにしてください。

 

あくまでも症状が安定している乾燥しているところだけに使ってくださいね。

 

 

化粧水と一緒に使えるのか

 

アトピスマイルクリームは、化粧水と一緒に使うことも出来ます。

 

基本的に全身用のクリームですが、顔のお手入れに使うのもおススメですよ。

 

顔に使う場合はアトピスマイルクリームだけだと少しうるおいが足りないと感じるでしょう。

 

 

顔には化粧水を併用しても

 

顔に使う場合には化粧水でうるおいを補給してから、その後に保湿クリームとして使うのがおススメ。

 

化粧水は出来るだけ余計なものが入っていない低刺激のものを選ぶと良いですね。

 

ただ、全身用に作られたクリームなので油分が多めです。

 

顔に塗ると少しべたつくかも知れないので量を調整してくださいね。

 

 

アトピスマイルクリームと他のアイテムを使う時の注意点まとめ

 

アトピスマイルクリームとステロイドや化粧水と併用する時に、気を付けたい事をまとめてみます。

 

  • ステロイドと併用する場合にはアトピスマイルクリームを先に使う
  • 痒みや炎症などが悪化しているところに塗ってはダメ
  • 化粧水と併用する場合には化粧水を先に使う
  • 出来るだけ低刺激の化粧水を選ぶ
  • 顔に塗るとべたつくこともある

 

これらのことに注意して、他のケアアイテムを併用してくださいね。

 

ステロイドにはない働きがアトピスマイルクリームにはあるので、併用することで治療もスムーズに進むでしょう。

 

 

ステロイドを使っている人は自己判断で使用をやめないで、アトピスマイルクリームと併用してくださいね。

 

化粧水との併用もオッケーで、事前に化粧水でうるおいを補給することで顔にも使いやすくなるでしょう。

 

 

ヒルドイドと比べてアトピスマイルクリームを選んだ方が良いワケは?

 

 

乾燥やシワなどのあらゆる肌トラブルを解消し「高価な化粧品より美肌効果が高い」と話題になっているヒルドイド。

 

女性誌や芸能人が紹介していることもあって、興味を持っている人も多いはず。

 

ただ、ヒルドイドは医薬品です。
本来治療目的として使用されるため、高い改善効果が望めますがその分リスクも。

 

さらに、保険適用薬であるヒルドイドを美容目的で使う女性が増えていることが社会的にも問題になっています。

 

ヒルドイドは最強のエイジングクリームなの?

 

 

ヒルドイドの主成分はヘパリン類似物質と言われるもので、次のような作用があります。

 

  • 使用部位の血行を促進する
  • 血行障害におる痛みや腫れを軽減する
  • 抗炎症作用
  • 強い保湿作用があり乾燥症状を軽減する

 

ヒルドイドはこのような効果が期待できることから、通常はアトピー肌の強い乾燥や打撲によるあざの治療、怪我をした後のケロイド予防、皮脂欠乏症の治療に用いられています。

 

ほんとうに美容効果はあるのか?

 

 

ヒルドイドは乾燥や皮脂欠乏症などによって不健康になった肌の治療などに用いられており、薬なのでその効果がはっきりと認められています。

 

美容効果があると言われるのは、肌の乾燥を防いでしっとりとさせるヘパリン類似物質の効果によるもので、美容成分は一切含まれていません。

 

肌にハリが出る、しわが目立たなくなった、クマやくすみに効いたなど、巷ではいろいろな美容効果が言われていますが、それはヘパリン類似物質強力な保湿効果や血行を良くする作用があるからです。

 

ヒルドイドはあくまでも治療薬なので、乾燥が酷い場合など不健康な状態の肌に対して効果を発揮します。

 

肌が良い状態だといくら使い続けても何ら効果は現れません。
また、保湿し過ぎると肌を甘やかしてしまい、肌本来の潤う力が弱くなったり、機能が低下して肌荒れを起こすなどといったトラブルを起こす可能性もあります。

 

以上のことから、美白やしわを積極的にケアするなら、ビタミンCやセラミドなどの美肌成分が入った専用の化粧品を使ったほうが安全で効果を実感できるはずです。

 

ヒルドイドには副作用も

 

ヒルドイドは治療薬としては副作用が少ないため、安心して使えます。

 

ただ、医薬品なので副作用のリスクがあることを忘れてはいけません。

 

最強のエイジングクリームと言われていますが、反面、かゆみや皮膚炎赤み紫斑などの副作用も報告されています。

 

ヒルドイドの注意事項には目の周囲や粘膜に近い部位には塗らないようにと記載されています。

 

さらに、保湿作用が強すぎて肌が乾燥しやすくなる常用すれば効かなくなるというリスクもあるので、安易に美容目的として使うのはとても危険です。

 

保険適用薬のヒルドイドを美容目的で使う女性が増えて問題に!

 

ヒルドイドはあくまでも、アトピーや怪我の治療などに用いられる健康保険適用の医薬品です。

 

化粧品よりも安く買えるとあって、保湿クリームとして使おうと皮膚科を受診する女性が増えていますが、健康保険でヒルドイドを購入するのは違法行為です。

 

これが財政を圧迫する社会的な問題になっており、ヒルドイドを保険適応外にするという意見も出ています。

 

もし、そうなると困るのはほんとうにヒルドイドを必要としている患者さんたちで、負担が増えることになってしまいますよね。

 

アトピスマイルクリームについて

 

 

ヒルドイドは治療用に使われる医薬品ですが、アトピスマイルクリームは医薬部外品になります。

 

ちなみに医薬部外品とは、医薬品と化粧品の中間的な位置に分類される人体に対して作用の緩やかなものを指します。
医薬品より作用は緩いですが、何らかの改善をもたらすので効果を謳うことができます。

 

 

アトピスマイルクリームですが、保湿以上の働きが期待できるクリームです。
肌表面に潤いを与える保湿効果だけでなく、肌内部にまで浸透してセラミドを増やしバリア機能を整える働きがあるので、肌自らが潤いを保てるようになります。

 

ライスパワー11で肌内部から健康に

 

注目すべきはアトピスマイルクリームに配合されている「ライスパワエキスー11

 

ライスパワーエキス11は、日本で唯一「皮膚水分保持能の改善」が認められており、肌そのものを良い状態にする成分です。

 

乾燥はもちろん、加齢によって肌水分が不足していくことから、乾燥によるしわ、たるみなどのあらゆる肌トラブルにも効果が期待できます。

 

肌への刺激性も考慮されているので、副作用の心配もなく安心して使うことができます。

 

アトピスマイルクリームとヒルドイド使うならどっち?

 

アトピスマイルクリームとヒルドイドについてお伝えしましたが、ヒルドイドはあくまでも医薬品で美容目的に使うのはモラルに反します。
そして、副作用があることも知っておきましょう。

 

口コミで広がり話題になっているだけに使ってみたくなりますが、やはり治療目的でない限りおすすめはできません。

 

十分な効果も期待できて、安心して継続できるのはアトピスマイルクリームです。

 

 

ライスパワーエキスNo.11が配合されたアトピスマイルクリーム。
ぜひその実力を試してみてください。

 

※極度の乾燥肌、乾燥が酷い場合はまずは皮膚科に受診してください。

 

 

 

アトピスマイルクリームとファムズベビーはここが違う!

 

 

アトピスマイルクリームと同じく乳児湿疹や敏感肌、アトピーのお手入れに良いと言われているファムズベビー。

 

どちらを買おうかと迷っている人も多いのではないでしょうか。

 

両方ともトラブルが多い肌向けの製品ですが、実はそれぞれ働きが違います。

 

そこで、アトピスマイルクリームとファムズベビーのそれぞれの特徴や違いについてお伝えしていきます。

 

肌表面にバリアをつくって肌を保護するファムズベビー

 

 

ファムズベビーはネーミング通り、オムツかぶれや乳児湿疹など赤ちゃんや幼児向けですが、大人の肌トラブルケアとしても支持されています。

 

肌の乾燥の他にも辛い手湿疹のケア、化粧下地、金属アレルギーから肌を守ったり、摩擦が原因で起こる靴擦れ対策に使うこともできます。

 

ファムズベビーの特徴

 

ファムズベビーはムースタイプになっています。

 

特徴として、肌表面にバリアをつくって外的刺激や乾燥から肌を守るということが挙げられます。

 

保湿できる成分や肌の表面を保護する成分が配合されており、長時間バリアと潤いが持続、肌トラブルの原因となる刺激と乾燥から肌を守る働きが期待できます。

 

赤ちゃんが舐めても安心

 

 

ファムズベビーはもともと赤ちゃん向けの製品だけあって、乳幼児が舐めても大丈夫なくらい安全性が高い成分でつくられています。

 

また、肌を保湿する成分と保護する成分が入っているので、保湿力やバリア力が長時間持続することも魅力です。

 

汗をかいたり擦っても成分が落ちにくく、最大8時間バリア機能をサポートしてくれます。

 

肌にあるバリア機能を高めて肌を健康にするアトピスマイルクリーム

 

アトピスマイルクリームも赤ちゃんからご年配の人まで使える保湿クリームです。

 

こちらも肌荒れやトラブルを起こしやすい敏感肌、乾燥肌、手湿疹のケアなどに最適です。

 

アトピスマイルクリームの特徴

 

 

アトピスマイルクリームは、セラミドの生産力を高めるライスパワーエキス11が配合されているのが大きな特徴です。

 

ライスパワーエキス11は保湿成分の中で唯一、皮膚水分保持能の改善が認められている医薬部外品の成分です。

 

ちなみにセラミドとは、肌のバリア機能を構成する重要な保湿成分で、不足すると肌が乾燥したり敏感な状態になります。

 

アトピスマイルクリームは肌の機能を上げる助けをすることから、肌そのものに働きかけてくれる保湿剤です。

 

肌を健やかにしてくれる

 

 

敏感肌や乾燥肌ではセラミドが不足しがちです。

 

セラミドを増やすことによって肌自らが水分を保てるようになりバリア機能が高まるので、刺激やトラブルに負けない強い肌が目指せます。

 

アトピスマイルクリームとファムズベビーどちらがオススメ?

 

アトピスマイルクリームとファムズベビーは、このようにとてもよく似た商品で利用する対象者も同じですが、肌へのアプローチ方法や期待できる効果は違います。

 

その両者の違いを表にまとめてみました。

 

アトピスマイルクリーム ファムズベビー

特徴 バリア機能そのものを高める 皮膚表面にバリア層をつくる
主成分 ライスパワーエキスNo.11(皮膚水分保持能の改善成分) 多数の保湿成分 セタノール(皮膚を保護する成分)
刺激性 香料 着色料 カゼイン不使用 香料 着色料 パラベン不使用
使用感

クリームタイプ
伸びが良くしっとり

ムース状 
しっとりすべすべ

香り なし なし
保湿力
用途 敏感な肌 アトピー 乾燥 手荒れ 手湿疹のケア 赤ちゃんのオムツかぶれや湿疹 敏感な肌 アトピ− 乾燥 手荒れ 手湿疹のケア 金属アレルギー 靴擦れ 化粧下地 赤ちゃんのオムツかぶれや湿疹
価格 2,700円(25g)

4,860円(50g) 
送料 648円
キャンペーン実施中(25g)
2,700円 送料無料

 

定期便
初回25%OFF 送料無料

2,592円 2本以上で送料無料

 

定期便 1本でも送料無料
28日間の返金保証付き

⇒ 詳細はこちら ⇒ 詳細はこちら

 

アトピスマイルクリームとファムズベビー大きな違いは

 

  • アトピスマイルクリーム ⇒ 肌のセラミドを増やすことによってバリア機能を高め、肌そのものを健やかにする
  • ファムズベビー ⇒ 肌表面にバリア層をつくって刺激や乾燥から肌を守る

 

どちらとも『肌を守る』というコンセプトは同じですが、肌への働きが違いますよね。

 

アトピスマイルクリームはライスパワーエキスNo.11という「皮膚水分保持能の改善」が認められた保湿成分が配合されていることから、バリア機能の根本的な改善や保湿効果が期待できそうです。

 

ファムズベビーはというと、肌そのものを改善する効果はそれほど高くないものの、塗るだけでバリア層が最大8時間持続することから、即効性を求める人には最適かもしれません。

 

特に新陣代謝が活発な赤ちゃんは、肌表面をケアするだけで、オムツかぶれやよだれによる湿疹などのトラブルをすぐに回復できる可能性も高いですね。

 

 

アトピスマイルクリームが最適な人

 

  • 乾燥やアトピーなどの肌トラブルを根本的にケアしたい人
  • 乾燥による小じわやくすみが気になる人
  • 特に乾燥がひどい人
  • インナードライ傾向にある人

 

ファムズベビーが最適な人

 

  • 赤ちゃん
  • 靴擦れ、金属アレルギーをケアしたい人
  • 季節の変わり目などに肌が敏感になりやすい人

 

 

 

違いはあっても、両方とも肌を守って健やかに保つ製品です。
使用目的や求める効果によって、どちらがよいのか検討してみてくださいね!