アトピスマイルクリーム 顔

アトピスマイルクリームは顔に塗っても大丈夫?

 

保湿効果が高いと乾燥肌やアトピー肌の人たちから支持されているアトピスマイルクリーム。

 

全身用のボディクリームですが、顔にも使えるのでしょうか。

 

アトピスマイルクリームは顔にも使える?

 

 

アトピスマイルクリームはお米100%から抽出されたライスパワエキスーNo.11をはじめ、安心の成分だけでつくられているので顔にも使えます。

 

ライスパワーエキス11には肌の水分保持能を改善する働きがあることから、顔の乾燥や年齢肌のケアとしても取り入れることができます。

 

化粧水の後、乳液や保湿クリームの代用として使えますよ。

 

特に皮膚が薄い目元は乾燥しがちなので、小じわの原因になりやすいですよね。

 

アトピスマイルクリームはそんなデリケートな目元にもOK。
顔の中でいちばん乾燥しやすい部分なので、他の部分より効果がわかりやすいかもしれませんね。

 

ただし、アトピーなどで赤くなっていたりジュクジュクしている部分への使用は避けましょう。

 

メイクの邪魔にならない?

 

 

顔にも使えるのならメイクの邪魔にならないか気になりますよね。

 

アトピスマイルクリームは、全身に使えるボディクリームなので、油分が多めに含まれています。

 

ただ、実際に使ってみるとわかりますが、薄付きで伸びと肌馴染みがいいため、メイクの邪魔になりにくいです。

 

皮脂分泌が多い脂性肌なら顔に使うとべたつくかもしれませんが、乾燥肌の場合は大丈夫でしょう。

 

もし、べたつきが気になる場合は、メイク前はTゾーンは少な目にするなど量を調節して使ってみてください。

 

ちなみに、クリームが浸透するのを待ってからファンデーションを塗るとキレイに仕上がりますよ。

 

乾燥を防いでくれるからメイクも長持ち

 

メイクが崩れてしまう原因の1つに「乾燥」が挙げられます。

 

肌には乾燥すると水分の蒸発を防ごうとして、皮脂を過剰に分泌する機能が備わっています。

 

これ以上水分が失われてないように肌を守ろうとしているのですが、皮脂は油分です。

 

この油分こそがメイクが崩れる原因。

 

アトピスマイルクリームには水分を維持できる肌に改善する「ライスパワーエキスNo.11」が配合されています。

 

肌の水分保持能を改善し、内側から潤う肌に導いてくれるので、乾燥による化粧崩れを防ぐことができますよ。

 

 

アトピスマイルクリームを顔に使う時の注意点

 

 

アトピスマイルクリームは、体だけでなく顔にも使えます。
快適に使用するためにもいくつか注意することを覚えておきましょう。

 

アトピスマイルクリームを顔に使用する場合の注意点

  • 赤みや痒みが酷い部分は避ける
  • 基本のスキンケアアイテムと併用する時は化粧水を先に
  • メイク前に使うならクリームが十分に馴染んでから
  • べたつく場合は皮脂分泌が多い部分(Tゾーンなど)は量を少なめに

 

これらのことに気を付けて、顔のお手入れにも取り入れてみてくださいね。