アトピスマイルクリーム 効かない

アトピスマイルクリームを使っているのに効かないケースの理由

 

アトピスマイルクリームでアトピー肌や敏感肌が良くなったという声もあれば、使っているのに効かないという声もあります。

 

思うような効果が実感できない人は、何かしらの理由が考えられます。

 

アトピスマイルクリームが効かない・効果が感じられないケース

 

ステロイドが必要なケースも!

 

アトピスマイルクリームは、お米から作られたライスパワー11を配合したステロイドなしのクリームです。

 

ライスパワー11は肌の水分保持能を改善する効果が認められた成分で、バリア機能が低下した肌を整える働きがありますよ。

 

アトピスマイルクリームがあれば、ステロイドなしでアトピー肌や敏感肌が改善できると思っている人もいますが、そうとは言い切れません。

 

 

アトピスマイルクリームには炎症や痒みを鎮める効果はない

 

アトピスマイルクリームだけでアトピー肌や敏感肌が改善できる人もいますが、そもそもアトピスマイルクリームには炎症や痒みを鎮める効果はありません。

 

皮膚科でステロイドを処方されるほどの酷い状態になっている人が、自己判断でステロイドからアトピスマイルクリームに切り替えるのはリスクがあります。

 

ステロイドには確かに長く使うと副作用が起こるケースもありますが、過剰な免疫反応を抑制して炎症や痒みを素早く鎮めてくれる効果がありますよ。

 

状態が酷くなっている人は、ステロイドとアトピスマイルクリームを併用するのがオススメです。

 

 

アトピスマイルクリームに期待できること

 

アトピスマイルクリームには、ステロイドとは違う働きがあります。

 

普通の保湿クリームのように肌表面に潤いを与えるだけでなく、肌の深層部にまでライスパワー11が浸透して水分保持能を改善してくれます。

 

つまり、肌自らが水分を保てる肌に導いてくれるのですね。

 

ライスパワー11にはセラミドを増大させる働きがありバリア機能が整えられていきます。

 

それにより肌内部の水分が保てるようになり、外部からの刺激にも過剰に反応しない健康な肌に。

 

 

塗る回数が少ないのかも!

アトピスマイルクリームが効かないという人は、塗る回数が少ないのかも知れません。

 

肌自らが水分を保てる肌に導いてくれますが、お手入れの回数が少ないので十分な効果を得られていないのかも。

 

基本的に朝と晩の1日2回のお手入れがオススメです。

 

肌が乾燥しやすいお風呂上りのお手入れは必須で、そのほかに朝の着替えの前などに使ってくださいね。

 

薬ではないので塗る回数に決まりはありませんが、最低でも1日2回は使用してみましょう。

 

 

清潔な肌に塗ることも大切

清潔な肌に塗ることも大切です。

 

皮脂分泌の多い場所や炎症を起こしていたり、痒みがある場所は避けて塗ることも忘れないでくださいね。

 

有効成分のライスパワー11は肌に塗るほどにセラミドを増やす働きがあると言われているので、清潔な肌に何度もこまめに塗ることがポイント。

 

 

肌質改善にはコツコツ長く続けることも大切!

アトピスマイルクリームで肌質を改善してくためには、コツコツ長く続けることも大切です。

 

ステロイドのように炎症や痒みを素早く抑える働きはありません。

 

しかし、じっくりと長く続けることで、炎症や痒みを引き起こす外部からの刺激に弱い肌を強くしていくことができますよ。

 

少しずつセラミドが増えてバリア機能が整えられた肌はアレルゲンなどが体内に入るのを防ぎ、うるおいのある肌を保つことができます。

 

3か月、半年と長い目で見て続けてみてください。

 

 

アトピスマイルクリームを上手に使うポイント

 

アトピスマイルクリームの効果を最大限に得るためのポイントです。

 

 

  • 炎症や痒みが酷いようならステロイド薬も併用する
  • 最低でも1日2回はこまめに塗る
  • 清潔な肌に塗る
  • 炎症や痒みがある場所は避ける
  • コツコツ長く使って肌質改善を目指す

 

アトピスマイルクリームには、ステロイドにはない肌そのものを健やかにする働きがあるので上手に使ってくださいね。

 

使っているのに効かない人は、何かしらの理由があるはずです。

 

肌質を改善するには時間がかかることも知っておいてくださいね。