アトピスマイルクリーム ファムズベビー

アトピスマイルクリームとファムズベビー買うならどっち?

 

アトピスマイルクリームと同じく乳児湿疹や敏感肌、アトピーのお手入れに良いと言われているのがファムズベビーです。

 

どちらを買おうかと迷っている人もいるでしょう。

 

アトピスマイルクリームとファムズベビーの違いや、買うならどちらがオススメなのかご紹介します。

 

 

アトピスマイルクリームの類似所品ファムズベビーの働きは?

 

アトピスマイルクリームをネット通販で探していると、ファムズベビーも一緒に出てくることが多いですね。

 

ファムズベビーも乳児湿疹やおむつかぶれ、アトピーから主婦湿疹まで、あらゆる肌トラブルのケアに使える人気の商品です。

 

アトピスマイルクリームとファムズベビー、どちらが良いのか悩んでいる人も多いかも知れませんが基本的にそれぞれ働きが違いますよ。

 

 

ファムズベビーの働きは?

 

ファムズベビーは、肌表面をコーティングして角質層のバリア機能を補うという働きがあります。

 

赤ちゃんは大人と比べて皮膚がとても薄いので、それだけバリア機能も弱く湿疹やかぶれなどを起こしやすいです。

 

少しの刺激にも反応してトラブルを起こすのですが、ファムズベビーがバリア機能をサポートするのでいろんな刺激から赤ちゃんの皮膚を守ることが。

 

肌トラブルの原因となる刺激から守るという保護と保湿のWの働きがありますよ。

 

 

他の保湿剤との違いは?

 

ファムズベビーは全て安全な成分で作られているので赤ちゃんでも敏感肌でも安心して使えることや、保湿力が長時間持続することも魅力です。

 

安全な成分なので、赤ちゃんが舐めたりしても大丈夫。

 

汗をかいたりこすれても落ちづらくて長時間バリア機能をサポートする働きが続きますよ。

 

 

ファムズベビーはママにも人気!

 

バリア機能をサポートする保護と保湿の働きが長時間キープするファムズベビーはママにも人気です。

 

辛い手湿疹のケアの他に、化粧下地として使ったり金属アレルギーから肌を守ったり、摩擦が原因で起こる靴擦れ対策に使うこともできますよ。

 

 

アトピスマイルクリームの働きは?

 

一方のアトピスマイルクリームには、肌機能そのものを改善してく働きが期待できます。

 

皮膚表面をコーティングしてバリア機能をサポートするのがファムズベビーですが、肌そのものを改善していく効果は期待できません。

 

アトピスマイルクリームには、バリア機能を構成するセラミドの生成力を高めてくれるライスパワー11がたっぷり配合されているのが大きな特長です。

 

 

肌を健やかにしてくれる

 

アトピスマイルクリームには肌そのものを健やかにしてくれる働きがありますよ。

 

ライスパワー11は医薬部外品の成分として唯一、皮膚水分保持能の改善が認められた成分。

 

皮膚水分保持能とは肌そのものの力という意味で、この根本からのケアができるのがアトピスマイルクリームです。

 

続けて使用することで肌自らが水分を保てるようになりバリア機能が高まるので、刺激に負けない強い肌が目指せるのです。

 

 

アトピスマイルクリームとファムズベビーどちらがオススメ?

 

アトピスマイルクリームとファムズベビーは一見とても良く似た商品で利用する対象者も同じですが、期待できる効果は違います。

 

ではアトピスマイルクリームとファムズベビーの違いをまとめてみます。

 

  • ファムズベビーは肌表面を長時間コーティングする働きがある
  • アトピスマイルクリームは肌内部のセラミドを増やして肌そのものを健やかにする

 

より根本からのケアができるのはアトピスマイルクリームと言えそうです。

 

 

大人が使う場合は?

 

大人が肌トラブルの改善に使う場合は、より肌そのものを健やかにしてくれるアトピスマイルクリームが良いかも知れません。

 

アトピーや敏感肌の根本的な解決をしたい人や乾燥しがちな年齢肌のトラブルまで幅広く利用できます。

 

 

赤ちゃんが使う場合は?

 

赤ちゃんが使う場合はより即効性があるファムズベビーが良いかも知れません。

 

肌表面をコーティングして外部からの刺激から守ってくれます。

 

新陣代謝が活発な赤ちゃんですから肌表面をサポートするだけで、肌そのものもすぐに回復できる可能性も高いですね。

 

 

アトピスマイルクリームとファムズベビーはこのように働きが大きく異なります。

 

使用目的や求める効果によって選ぶ商品も違ってくるのでよく検討してみてくださいね。